様々なサービスに利用可能なSMS送信サービスを比較ランキング形式で紹介します!

SMS送信サービスはどんなときに利用するのがおすすめ

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/11/27

近年ではさまざまなメッセージングサービスが誕生していますが、それゆえに多くの企業を悩ます要因になっているのも事実です。そんな中、特にSMS配信サービスは多くの国内企業から注目を集めています。

ここではSMS配信サービスについて、どんなときに利用するのがよいのかを主軸に解説していきます。サービス導入の検討をする際にお役立てください。

なぜ今になって注目されているのか

SMS自体は昔から存在していましたが、日本国内では多用される前に一般使用者の中から薄れつつあります。メールが登場し、さらにアプリの開発など、メッセージングサービスが発展していったからです。

一般の利用者は使用をほとんどしないSMS配信サービスを、なぜ今になって企業が活用しているのでしょう。それには企業ならではの理由があります。

企業は活用することで実際に多くの課題を克服できています。キャンペーンの際の自社のウェブページへの流入率の向上や、本人認証を行うことで不正アクセスや複数アカウントを作ることを防止したりとトラブル回避につながっています。

大きな理由には圧倒的な開封率・重要な通知や本人認証での利便性が高い・インストール不要・そして電話番号だけでメッセージを個人に送れるといった4つの理由があります。どれもが企業にとって大きなメリットであり、メールを活用していた企業もSMS配信サービスも併用し、効果を高めています。

企業にとってメッセージで自社のサービスやキャンペーンを個人に知らせることは、集客や利益向上に欠かせないものです。日本ではメール文化といわれる程、世界の中でも早い段階でメール送受信環境が整えられました。

SMSはメールより前に存在していましたが、すぐにメール環境が整い使用する機会はほとんどない方が大多数でしょう。しかしメールで送るにはアドレスが必要であり、そのアドレスは個人毎に自由に作成できます。

そのため企業から個人宛に送るには、まずメールアドレスを知らないと送れません。そのため、数多くの方に配信できませんでしたが、SMSはアドレスを必要としていません。

電話番号だけでメッセージを送れるので、ほぼすべてのスマホ・携帯電話を持っている方に送ることができます。その他のメッセージングサービスにはないリーチの広さが企業にとって最大の活用メリットといえます。

電話番号だけで送れるので、スマホアプリなどのインストールの有無を問わず送ることが可能となっています。どの機種でも基本的には電話番号がないものはありませんので、これ程多くの方にメッセージを届けられるサービスはSMS以外存在しないのです。

一般の方には今になって古くからあるサービスを活用していると思われますが、その注目されている背景には優秀なメッセージングサービスだからという理由があるのです。

SMSは特定の用途において真価を発揮する

SMS配信サービスの開封率は約90%以上と圧倒的な数値を誇っています。数字が示す通り、送られた方のほとんどが必ず確認しているということになります。

その利点から企業では次のような活用をしています。基本的に企業が使用する用途は個別配信と一斉配信になります。

それを行う場面といえば支払い確認や督促、アンケートに事前連絡など重要な場面になります。活用については非常に多岐にわたっていますが、相手に在庫や入荷を知らせたり家賃の督促を送ったりといった、重要な通知を相手にしっかり確認してほしい内容のものに利用されています。

ほかにも雇用の際に活用されるケースもあり、これは雇用される側にとってもメリットがあり配慮されている証拠です。プライベートのアカウントを雇用される会社に知られたいと思うでしょうか。

電話番号は連絡に必要ですが、その他のプライベートに関わる情報を渡さなくても、しっかり通知してもらえます。SMSなら必要な情報は電話番号だけとなり、電話に出られなかった場合における連絡手段としても使うことが可能です。

使用する企業も通知される個人にも配慮されたサービスといえます。

本人認証の用途でSMSは適している

元々SMSは一般の方の使用頻度が少なかっただけで、金融機関やクレジットカードの決済代行業者は使用しており、本人認証の用途で活用されていました。業界から言わせればメジャーな認証方法だったのです。

現在ではSMS認証は金融業界以外でも多用されています。昨今特殊詐欺で不正送金なども世間を騒がせています。

金融機関に対して不正送金対策のために2要素認証を警察庁から実施通達したことも、SMS認証が増えた背景にあります。2要素認証はIDパスの認証とSMSを利用したワンタイムパスワードです。

本人と連絡が取れないことを課題となる融資やローンの契約に至る過程で活用されています。スマホとの連動性は高く、アプリ認証でもSMSが活用されています。

本人認証の用途でスマホとSMSが連動性が高いのは、電話番号と個人の結びつきが非常に強いからです。スマホや携帯電話を他人が所持することは少なく、認証制度は高いと考えられています。

なりすましの危険性も少ない面があり、セキュリティーの観点からも安心度が高いといえるでしょう。このように本人認証を要することに、SMSを活用するメリットや精度が高いです。

 

SMS配信サービスがどんなときに活用されるのか、非常に多岐にわたりますが本人認証を要する事案や多くの方にサービスや情報を送るのに活用されています。電話番号だけでメッセージを送れるので、他のメッセージングサービスのようにアプリのインストールや個人アドレスを必要としません。

開封率は90%以上であり、重要なメッセージを必ず見てほしい場面でも信頼性と安定性があります。業務連絡や金融サービスなど幅広い分野・業界で使用されており、活用価値が今後も低下することがないサービスといえます。

SMS送信サービスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名value SMS
(バリューSMS)
空電プッシュアクリートMedia SMS
(メディアSMS)
fonfun SMS
(フォンファンSMS)
おすすめポイントコスパ・サポートの充実・高機能が全て揃っている高い信頼性!柔軟な使い方の実現や便利な機能も満載システム開発に強いから欲しい機能も自由自在送信品質が高くコールセンターでも大活躍!企業ごとに専任の担当者!パソコンが苦手でも安心
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧