様々なサービスに利用可能なSMS送信サービスを比較ランキング形式で紹介します!

SMS送信サービスの料金はどのくらい?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/11/27

SMS配信サービスを利用するかどうかを決める際、どのくらいの費用がかかるのかが問題になりがちです。相場がどのくらいなのか、どのような費用が発生することがあるのかといったことを網羅的に理解することで判断しやすくなるでしょう。

この記事ではSMS配信サービスを利用するときに知っておくと役に立つ料金に関する情報を幅広く紹介します。

SMS配信サービスの利用にかかる四つの費用

SMS配信サービスの利用料金は業者ごとに独自に決めています。あまり情報を公開していない業者も多いのでオフィシャルサイトを見ても詳しいことがわからない場合もあり、不安になってしまう原因になっているのは確かです。

まずはどのような費用が発生する可能性があるのかを概観しておきましょう。SMS配信サービスを利用するときには社内コスト以外に大きく分けると四つの費用がかかります。

1つ目は初期費用で、サービスの利用を申し込んで導入する段階で支払うものです。アカウントを作成したり、契約書類を作成したりするのにかかる費用が代表的なもので、業者にとっては一時金としての利益確保の目的で初期費用を高めにしていることもあります。

2つ目は月額費用で、毎月必ず業者に対して支払う費用です。アカウントの維持管理などにかかるもろもろの費用に業者の利益を加味したものになっています。

3つ目は送信費用でSMS配信は一般的には従量制になっています。一通あたりいくらという形で単価が定められていることが多いですが、月間の送信数に応じて単価が決まる仕組みになっていることも少なくありません。

4つ目はオプション費用です。業者によっては送信のときにオプションを指定できる仕組みになっています。

そのオプションを選ぶと送信一回あたり、または一通あたりで費用が発生するのが一般的です。どのくらいの費用がかかるのかを考えるためにはこれらの4つの費用の実態を知ることが必要になります。

詳しい相場状況を確認しておきましょう。

初期費用と月額費用は無料のことが多い

初期費用と月額費用については固定的にかかってくる費用となるため気になることが多いでしょう。ただ、結論からいえば初期費用と月額費用はどちらも無料の業者が多くなっています。

初期費用については、顧客獲得のハードルを下げるのが目的で無料にしているケースが多いのが特徴です。企業間の競争が激しくなってきたからこそ、少しでも多くの新規顧客を獲得できるように無料にする傾向が生まれています。

初期費用を請求しているケースでは1万円くらいが一般的になっているのが現状です。月額費用については小口の利用者をターゲットにする目的で無料化が進められてきました。

月額費用としてアカウント管理費などを徴収したいのは確かですが、あまり使わなかった顧客にとっては大きな負担になりがちです。顧客数が少なくて送信数も少ない企業ほど費用の問題が大きな課題になる場合が多いことも考慮し、中小企業にとっても使いやすくする目的で月額費用がかからない仕組みになっています。

費用の支払いを求めているケースでは2,000円~5,000円くらいが一般的です。

従量料金とオプション費用の実態

従量制の送信費用やオプション費用についてはSMS配信サービスを使えば使うほどかかる費用なので大量に送りたいと思っているときには重要なポイントです。送信費用については基本的には固定制を取っている業者が多く、特別に送信数が多かったときにだけ割引が適用される場合があるという仕組みが目立ちます。

一通あたりの相場としては6円~10円で、8円くらいの業者が多いのが現状です。通常のSMS送信にかかる費用に比べると高いのは確かですが、月額費用もかからない仕組みにしているとこのくらいの上乗せをしないと経営が立ち行かないのは想像できることでしょう。

オプション費用は業者によって独自のオプションを盛り込んでいることが多く、使わなくてもSMS配信ができることからあまり利用されていない場合がほとんどです。一送信あたり数百円、一通あたり数円というのが相場なので、使い方次第でかなり違いがあると認識しておくとよいでしょう。

 
 
このようにSMS配信サービスを利用するのにかかる費用について見てみると、基本的にはSMS配信をどのくらいするかによってかかる費用に大きな違いがあることがわかります。初期費用や月額費用がかからないので、端的にいえば利用する量に比例して費用がかかる仕組みのサービスになっているといえるでしょう。

そのため、利用するのにかかる利用金を見積もるためにはどのくらいの月間送信数になるかを試算することが大切です。オプションを利用しなければならないケースがどのくらいかも判断できれば、およその月額利用料を算出できます。

SMS配信をするユーザーが多く、配信の頻度が高いほど費用がかさんでしまうことは否めないので注意しましょう。送信先の取捨選択なども検討して費用対効果を上げるのが大切です。

SMS送信サービスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名value SMS
(バリューSMS)
空電プッシュアクリートMedia SMS
(メディアSMS)
fonfun SMS
(フォンファンSMS)
おすすめポイントコスパ・サポートの充実・高機能が全て揃っている高い信頼性!柔軟な使い方の実現や便利な機能も満載システム開発に強いから欲しい機能も自由自在送信品質が高くコールセンターでも大活躍!企業ごとに専任の担当者!パソコンが苦手でも安心
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧