様々なサービスに利用可能なSMS送信サービスを比較ランキング形式で紹介します!

SMS送信サービスを比較するときに見るポイント

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/11/27

SMS送信はショートメッセージを利用して、ウェブサービスやECの決済などの本人認証の確認を行うものです。よりセキュリティーを重視したサービスを提供したいときにSMS配信サービスは使えます。

実際にSMSを使うときには、いくつかの業者の中から選ぶ必要があります。それぞれの業者から最適なものを選ぶときのポイントがあるので知っておきましょう。

日本国内に限定するなら国内直収を利用するのが理想的

SMS配信サービスを使うときには、接続方法を考慮しましょう。接続方法には国内直収接続と国際網接続というものが用意されています。

国内直収接続とは携帯電話のキャリアに直接接続をして、SMS配信をするものです。国内のキャリアを利用するメリットは非常に大きく、確実にメッセージの到達率が高いことといえます。

一方、国際網接続は海外の回線網を使用してSMS配信を行います。海外の回線網を経由することになるので、通信費用は非常に安く済ませられる点が魅力です。

ただしSMS配信の受信拒否が設定されている場合、到達率が非常に低くなってしまうため注意しておきましょう。ユーザーが加工請求や詐欺などの対策をしているとメールが拒否されます。

できるだけ到達率を上げたいのなら国内直収接続を採用する業者を利用するのがよいです。

コストは最も重要な部分なので気をつけよう

SMS配信を利用するとき、発生するのがコストです。コストはコンスタントにかかるものなので、長期的な利用を想定して業者を選択する必要があるでしょう。

SMS配信サービスを比較するときは、どれくらいのコストが月にかかるのか調べておきます。たとえばSMSではサービス1通あたりのコストがかかります。

平均して1通あたり15円前後の費用がかかるのであらかじめ理解しておきましょう。また料金システムについてですが、課金制もあれば初期費用がかかるところもあるので総合的に見て判断をしてください。

ちなみに国内直収の場合は1通あたり15円ですが、海外を利用したものだと1通あたり8円位ですみます。できるだけコストを削減したいというときは、初期費用が無料のサービスを使いましょう。

また、初期費用が無料になる場合については、条件が決まっている業者もあるので、事前に確認をしておくとよいでしょう。たとえばAPI・IVR接続の場合は別に初期費用がかかる業者もあります。

また業者によっては初期費用が0円で、月額費用として別途いくらかかかるというサービスもあるので注意が必要です。一部のサービスではボリュームディスカウントと呼ばれるサービスも行っています。

利用者の規模によって割引を受けることができるシステムで、大規模な配信を予定している方ほどお得になるというものです。さらに、利用以外で月額費用がかかるパターンとして、利用月のみに限定されているものもあります。

このシステムは月に利用する回数がなかった場合は費用がかかりません。1通でも利用実績があるときは月額費用がかかるといった具合です。余計なコストを抑えることができるので合理的なサービスといえるでしょう。

他にも配信成功分のみ費用が発生するサービスもあります。つまり配信が失敗した場合は費用がかかりません。

無駄な費用をかける必要がないのでお得です。ちなみに都度見積もりという料金形態を採用するサービスも用意されています。

初期費用や月額費用は要相談なので、業態によってはお得になる場合もあります。

セキュリティー面に気をつけてサービスを選ぼう

SMS配信を利用するときに知っておきたいのがセキュリティーです。セキュリティー施策が不充分だと、フィッシングなどによりユーザーが詐欺被害に遭ってしまう可能性があります。

そうなるとサービスの品質が低下してしまうので、利用者も減ってしまう恐れがあることに注意しておきましょう。悪意のある第三者によるアカウント乗っ取りなどが起こらないように、SMS配信のセキュリティーは重視しないといけません。

そこでサービスを利用するときは通信の暗号化を行っているサービスを利用します。通信中のデータはすべて暗号化されるので、トラブルを回避できる可能性が高いです。

またIP制限と呼ばれる初歩的なセキュリティー施策を導入しているサービスを利用するのが安全です。不正アクセスをブロックしてくれるので、第三者による不正ログインを防げます。

他にもファイアウォールの足りない部分を保管するIPS・IDSといった施策を導入しているサービスを使いましょう。IPS・IDSを利用すれば攻撃を検出して防御を行ってくれます。

さらにネットワーク内部での不正アクセスを防御する、監視をするといった効果も期待できます。

 

SMS配信サービスを利用するときは、国内直収か海外の回線網を使うのか確認しておきましょう。日本国で使う場合は安定性のある国内直収を使うのが定石です。

他にもSMS配信サービスを使うときは料金にも注意をしておきます。それぞれのサービスによって料金形態が違うので、自分の事業に合うものを選びましょう。

他にもセキュリティー面も重要になるため、各サービスがどのような対策をしているのか確認することをおすすめします。基本的なセキュリティー以外に独自の対策を行っているサービスだと安心感があります。

SMS送信サービスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名value SMS
(バリューSMS)
空電プッシュアクリートMedia SMS
(メディアSMS)
fonfun SMS
(フォンファンSMS)
おすすめポイントコスパ・サポートの充実・高機能が全て揃っている高い信頼性!柔軟な使い方の実現や便利な機能も満載システム開発に強いから欲しい機能も自由自在送信品質が高くコールセンターでも大活躍!企業ごとに専任の担当者!パソコンが苦手でも安心
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧