様々なサービスに利用可能なSMS送信サービスを比較ランキング形式で紹介します!

無料トライアルを行っているSMS送信サービスもある?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/11/27

SMS配信サービスが本当に導入価値のあるサービスなのかを知りたい、導入することは決めたけれどどの業者と契約するかを比較したいというときもあるでしょう。無料トライアルができれば使い勝手を確認でき、短期的であっても効果測定をすることもできます。SMS配信サービスでは無料で試してみることができるような仕組みはあるのでしょうか。

無料トライアルが可能な業者はある

SMS配信サービスの無料トライアルは利用できる業者もあります。SMSマーケティングが注目されるようになって導入を検討する企業が増えている中で、配信サービスを提供する業者も増えてきました。そのため、競合他社との顧客獲得競争に勝ち抜くためには業者としてもマーケティング戦略を必死に考えなければならない状況に陥っています。

その一つとして取り入れられているのが無料で一定期間はお試しできるようにするサービスを提供することです。実際に顧客が使ってみて確かによいと思ってもらえれば導入してくれる可能性が飛躍的に高まります。無料なら使ってみたいけれど有料だから断念しているというケースも多いですが、無料期間があるならとりあえず試してみようという発想も生まれるでしょう。

無料トライアルサービスを宣伝することで問い合わせをもらうことができれば顧客候補との接点ができ、適切な営業とトライアルによる満足が重なればきっと契約してくれると考えられます。

そのため、無料で利用できる仕組み作りをして、そのまま導入してもらえるようにしようと巧妙に考えている業者が多くなっているのです。基本的にはトライアルをしてみて気に入らなかったら契約しないことができるので、他社との比較をするのに用いても問題はありません。ユーザーサイドから見ればお得で魅力的なサービスだと考えられるでしょう。

トライアルの条件には注意しよう

無料でトライアルできるのは魅力ではあるものの、必ずしも本当に契約をしたときとまったく同じサービスを受けられるとは限らない点には注意しましょう。トライアル条件も業者によって大きな違いがあり、本当に申し込んだときとまったく同じサービスを利用できることもあります。この際には基本的には期間が限定されています。

たとえば一週間は無料で利用できるけれど、とくにサービス停止の依頼をしなかった場合には翌日以降も利用することになり、そこからは料金が発生するというのが一般的です。また、機能についての制限が設けられている場合は多く、一斉配信できる件数に制限がかけられていたり、一日に配信できる件数に上限があったりするのが通例です。

このような制限を設けておかないと一気にたくさんのSMS送信を求められてしまい、その目的でトライアルを活用されてしまうリスクがあるからです。

また、業者によってはユーザーを登録できなくなっていたり、予約送信などのいくつかの機能が使えなくなっていることもあります。あくまでトライアルでどんな使い勝手なのか、システムがユーザーフレンドリーになっているかといったことを確認する目的で利用してもらうことが求められていると考えるとよいでしょう。

実費負担がある可能性には注意が必要

送信数に制限がある場合にはあまり気にかける必要がない場合が多いですが、無料トライアルと謳っておきながらも実費負担が生じることもあるので注意しましょう。とくに制限を設けずに期間中は自由に使えるという形で提供すると、SMS配信サービスの提供業者は大損をするリスクがあるのは確かです。

そのため、せめて実費負担だけはしてもらうようにしようという方針でトライアルサービスを提供していることもあります。通常、SMSを送信するには一通あたり3円がかかるので、その分だけはユーザー負担として、それ以外の費用は一切かからないという仕組みになっていることがあるのです。

この場合にもいくつかのパターンがあり、無料トライアル期間が終わった後で正式に契約をして何か月か利用した場合にはトライアル期間中の使用分が後からキャッシュバックされるような仕組みのこともあります。

とくにこのような措置もなく、契約したかしていないかにかかわらず実費負担だけはしなければならない場合もあるので注意しましょう。ただ、このような仕組みはあまり運用されなくなってきているので、基本的には送信数に制限があると理解しておくのが無難です。

 

SMS配信サービスは業者によっては無料トライアルをできますが、内容については個々に異なるので注意しましょう。期間が設定されていてその間は費用がかからないのが基本です。

ただ、サービスをすべて使用できるわけではない場合が多く、送信数に制限がかかっていることがほとんどです。あまり一般的ではありませんが、送信数に制限がないトライアルの場合には実費負担が生じる可能性があるので、無料トライアルを利用するときにはどのような仕組みになっているかをよく確認してから申し込むのが肝心です。

SMS送信サービスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名value SMS
(バリューSMS)
空電プッシュアクリートMedia SMS
(メディアSMS)
fonfun SMS
(フォンファンSMS)
おすすめポイントコスパ・サポートの充実・高機能が全て揃っている高い信頼性!柔軟な使い方の実現や便利な機能も満載システム開発に強いから欲しい機能も自由自在送信品質が高くコールセンターでも大活躍!企業ごとに専任の担当者!パソコンが苦手でも安心
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧