様々なサービスに利用可能なSMS送信サービスを比較ランキング形式で紹介します!

SMS送信は最大何文字まで送信できる?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/11/27

マーケティングや宣伝のためにメール配信を行っていてデメリットを感じているのなら、おすすめできるのがSMS配信です。しかし、SMSは送れる文字数が少ないため、うまく活用できないと考える場合もあるはずです。今回は、SMS配信の文字数制限について詳細に説明するので、マーケティングや宣伝に活かしてみてください。

最大で670文字送れると考えよう

昔のままのイメージでSMSを考えているのなら、少ない文字数しか送れないと思っていても仕方がありません。なぜならば、昔は制限がかなりきつくて、たった70文字までしか送れない時代もあったからです。70文字では伝えたいことをきちんと伝えるのはとても難しいため、SMS配信はアピールに使うのには向いていなかったといえるでしょう。

しかし、現在では大幅に上限がアップしていて、10倍近い670文字も送れるようになっています。そのくらいの文字数が送れれば、いろいろなことに利用できるため、もちろんマーケティングや宣伝にもバッチリと活用ができます。ちなみに、670文字というのは全角のことなので、半角を活用すれば、ほぼ倍の1530文字も送れるようになっています。

ただ、全角と半角の意味が分からずに、結局はどのくらい送れるのか悩んでしまう方もいるはずです。たとえば、『1530文字』という言葉があるとすると、『1530』の部分は半角で、『文字』の部分は全角になっています。つまり、1530文字を全角で計算すると4文字になり、半角で計算をすると8文字になります。

この説明を聞いてもよく分からないというのなら、670文字以内に収めておくのが無難だといえるでしょう。670文字でもかなりの文章量になるので、きちんと整理して書けば、伝えたいことをバッチリと伝えられるはずです。

ちなみに、数字がすべて半角になるのではなく、全角のものもあるため文章を書くときには意識して使い分けるようにしましょう。アルファベットや数字など、半角にできるものはきちんと半角にすれば、情報量を増やすことができます。

送れたとしても受け取ってもらえるとは限らない

670文字ならばバッチリとアピールに活用できると考えて、さっそくSMS配信をやってみようと考えたかもしれません。しかし、すべての端末が670文字に対応しているというわけではないので、送ったとしても受信してもらえない可能性があるのです。

世の中にはまだまだ古いガラケーを使っている方もいるため、送ることができない方がいるのは仕方がないことでしょう。そのような方にも宣伝をしたいのなら、SMS配信だけではなくメール配信なども併用することをおすすめします。

今までの料金なら変わらず最大70文字まで

安い料金で送ることができるのがSMSなので、そのメリットを最大限に活かして、長文のマーケティングや宣伝を行おうと考えるかもしれません。しかし、今までの料金のまま、長文でのSMS配信ができるわけではないので、料金の安さで選ぼうとしている方は気をつけなければいけません。

もしも、今までの制限のまま、70文字で送ろうとするのなら、送信費用はこれまでとまったく一緒で大丈夫です。ところが、それ以上の文字数で送ろうとするのならば、増えれば増えるほど一通あたりの料金が高くなってしまうので気をつけましょう。たとえば、今までと同じ70文字ならば一通あたり3円ですみますが、670文字送ろうとするのなら30円もかかってしまいます。

データ量が10倍近くになるのですから、値段も10倍になるのは仕方がないことだといえるでしょう。文章量が増えることによって、15円や21円など料金が変わっていくので、利用を考えているのならきちんと調べることが大切です。SMS配信を行おうとしているのなら大量に送るでしょうから、数円の違いでも最終的には結構な額になってしまいます。

ちなみに、SMS配信業者を使うのなら、当たり前ですがサービス料金も発生するので金額はさらに上がります。一通あたりのサービス料金が設定されているところが多いため、自分でやるのが大変だと考えて業者に頼むのなら把握しておきましょう。安い費用でSMS配信を行ってくれるところもあるので、コストパフォーマンスの高いマーケティングや宣伝ができるようになるかもしれません。

 

SMS配信を行うなら、最大の文字数は全角で670文字、半角で1530文字だと覚えておきましょう。それだけの文章量があれば、情報をしっかりと伝えられるため、メールの代わりに領することもできるはずです。ただし、受け取れない機種を持っているお客様のためのフォローをしなければ、商機を逃してしまう場合があるので気をつけましょう。

なお、大量にSMSを送ろうと考えているのなら、代わりに行ってくれる業者に頼むのがベストな方法です。面倒なことはすべてやってくれるため、任せておけば完璧なマーケティングや宣伝が行えるようになるでしょう。

SMS送信サービスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名value SMS
(バリューSMS)
空電プッシュアクリートMedia SMS
(メディアSMS)
fonfun SMS
(フォンファンSMS)
おすすめポイントコスパ・サポートの充実・高機能が全て揃っている高い信頼性!柔軟な使い方の実現や便利な機能も満載システム開発に強いから欲しい機能も自由自在送信品質が高くコールセンターでも大活躍!企業ごとに専任の担当者!パソコンが苦手でも安心
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧