様々なサービスに利用可能なSMS送信サービスを比較ランキング形式で紹介します!

SMS配信は低コストで導入できる!

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/12/17

SMSとはショートメッセージを携帯電話番号に送信する機能で、スマホや携帯電話に標準搭載されています。アプリ不要でスマホや携帯電話を持っている人なら誰でも利用できるサービスです。SMSはその使い勝手の良さから多くの企業の注目を集めていますが、無料で利用できるサービスではありません。

個人でもSMS送信は有料

SMSはスマートフォンや携帯電話などに最初から標準搭載されている機能ですが、そのサービスを利用する際に気をつけておかなければならないのは利用料金です。SMSは受信するだけならば無料ですが、送信する場合には利用料金が発生します。

SMS配信で送信できる1通あたりの文字数は70文字程度と制限があり、その1通を送信するごとに3円ほどの料金が発生するのです。機種によっては、1通あたり最大670文字まで送信できますが、そのケースでは1通70文字が10通分とカウントされ、30円の料金が発生することになります。

このようにSMS配信は基本的に有料なのですが、携帯キャリアや料金プランによって無料になるケースがあります。同一携帯キャリア内でのSMS送信や同一携帯キャリア内の家族間でのSMS送信は、例外として無料にする携帯キャリアもあるので、SMS利用の際は契約内容を事前に確認しておくといいでしょう。

SMS配信は携帯電話番号があれば誰でも利用できる使いやすいサービスなのですが、電子メールの送受信のように無料ではありません。受信は無料でも、送信は有料というように、少し勘違いしやすい仕組みなので注意が必要です。緊急性のないメッセージには無料の電子メールを利用し、急を要するメッセージには開封率の高いSMS配信を利用するなど、用途に応じて使い分けるのがおすすめです。

個人と法人ではSMS配信の料金が異なる

SMSは携帯電話番号を元にメッセージを配信するサービスで、電子メールのように無料ではなく利用料金がかかります。なお、個人でメッセージを送る場合と企業が送る場合では利用料金が異なります。個人が主に利用するSMS配信の1通あたりの文字数制限は70字で、1通につき3円の利用料金が発生します。機種によっては最大670字まで配信可能ですが、1通70字が10通とカウントされ30円支払う必要が出てきます。

企業が利用するSMS送信サービスは、個人が利用するSMS配信に比べ利用料金が少し割高に設定されていますが、個人が利用するSMS配信にはないメリットがあります。個人の携帯電話でのSMS配信は、1日200通までと制限があり、一斉送信を行うこともできません。

一方、企業が利用するSMS送信サービスではパソコンからの一斉送信や自動送信が可能です。大量の宛先にSMSを一斉送信する場合も電話番号のリストを一括してシステムに取り込んでおけば、作業も楽になります。また、電話番号以外に性別や年齢などの属性情報をシステムに取り込めば、特定の属性を持つ人にだけメッセージを送信することも可能です。

宛名の差し込みや600字以上の長文メッセージの配信も可能で、さまざまなビジネスに活用できる機能も備えています。法人向けSMS配信サービスは、通常のSMS配信に比べると少し割高ではありますが、支払う料金に見合った機能が使えるのが魅力です。

企業向けSMS送信サービスは2種類ある

企業が主に利用するSMS送信サービスは、接続方式の違いにより2つに分かれ、利用料金にも違いがあります。主な接続方式として、キャリア直接接続と国際網接続の2つがあります。

キャリア直接接続は、国内携帯キャリアと直接接続したサービスで、携帯キャリアが正規に定めたルートでSMSを配信するためブロックされる確率が低く、届けたい相手に確実にメッセージを届けることができます。料金相場は15円前後とやや高めですが、重要な情報が確実に届くことを重視するなら、利用するメリットは大きいです。

国際網接続は国内携帯キャリアと直接接続はしておらず、国際回線からSMSを配信します。そのため配信したメッセージが国内携帯キャリアからブロックされる確率が高くなり、届けたい相手にメッセージが届かない可能性が出てきます。国際網接続は、メッセージの到達率の低さが懸念材料として挙げられますが、料金相場は8円前後と比較的低コストです。料金を低く抑えたい場合は、国際網接続を選ぶといいかもしれません

また、利用頻度に合わせて月額利用料制か従量課金制かを選択することで、費用対効果も生まれ、低コストでSMS送信サービスを利用できます。SMS送信サービスの利用頻度が高い場合は、月額利用料制を選択し、利用頻度が低い場合は従量課金制を選択すると料金的面で安くなることがあります

 

SMSの配信には利用料金が発生します。利用料金を考えると、メールの方がコスト的には優れているかもしれませんが、SMSにはメールにはないさまざまなメリットがあります。確実に届けたい情報を発信するとき、回答が必要なとき、期限内に返信してもらう必要があるときには非常に便利なサービスです。用途や目的に応じて、SMSとメールを使い分けていくのが今後の主流になっていくのかもしれません。

SMS送信サービスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名value SMS
(バリューSMS)
空電プッシュアクリートMedia SMS
(メディアSMS)
fonfun SMS
(フォンファンSMS)
おすすめポイントコスパ・サポートの充実・高機能が全て揃っている高い信頼性!柔軟な使い方の実現や便利な機能も満載システム開発に強いから欲しい機能も自由自在送信品質が高くコールセンターでも大活躍!企業ごとに専任の担当者!パソコンが苦手でも安心
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧