様々なサービスに利用可能なSMS送信サービスを比較ランキング形式で紹介します!

SMS送信サービスの導入に初期費用はかかる?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/11/27

SMS配信サービスを利用するときには初期費用がかかるのかどうかが気になりがちです。導入コストがあまりにも高いと、予算の確保が大変で見送らなければならない場合もあるでしょう。この記事では最初にどのくらいのコストがかかることが多いのかを簡単に紹介します。SMS配信サービスの導入を検討する上での参考にしてください。

一般的には初期費用はかからない

SMS配信サービスの提供業者の情報を見てみると大半の業者では初期費用は無料になっています。料金体系としては他に月額での固定費用がかかるようにしているところや、SMSでのメール送信を一通あたりいくらという形で従量課金にしているところが多いのが現状です。導入するときに一時金として大きなお金を手に入れるよりも、使用してもらって継続的に収入を得られるようにするという考え方でサービスの料金設定をしている業者がほとんどだと考えるとよいでしょう。

実際には導入する時点では営業コストやシステムを利用するためのセットアップ費用、事務処理をするための人件費などがかかっています。その分は業者が負担してくれる仕組みになっていて、継続的に利用していく中で従量料金や月額料金から少しずつ回収しているというのが実態です。

ただし、初期費用が有料になっている業者もあります。有料だからといって従量料金や月額料金が安い仕組みにしているとは限らないので、導入時にかかるコストとランニングコストは別枠で考えるようにしましょう。

セットアップのしやすいシステムにしたり、フローを確立して時間も労力もあまりかけずに導入可能にしたり、安い人件費で雇えるアルバイトを起用したりしてうまく初期費用を抑えられるように工夫をしている業者も多いからです。逆にランニングコストを抑えられる仕組みを作っている業者もあるので、別々に考えることが必要になっています。

キャンペーンで無料になっていることもある

初期コストがどうしても気になるから無料のところがよいと考えると候補が少なくなってしまうことは否めません。有料にしているSMS配信サービスの提供業者も決して少なくはないからです。ただ、有料だからといってすぐに諦めてしまう必要はありません。原則は有料だけれどキャンペーンを実施していて今なら無料ということもしばしばあります。

SMS配信サービスを提供する業者が増えてきている影響で競争が必要になってきているのが原因です。とくに新しい業者では初期費用を無料にしていることが多いですが、サービスが開始された初期からある業者の場合にはもともと有料にしていたケースがほとんどです。突然無料に変更してしまうと、有料の時代に導入した顧客が不満に思ってしまう可能性があるでしょう。

それを懸念して期間限定のキャンペーンを実施するという形にしていることが多いのです。期間限定と銘打っていても一年中キャンペーンを実施していることもあります。このような事情も加味して、本当に導入時に費用がかかるのかどうかを見極めるようにしましょう。

導入時にかかるコストを確認しておこう

SMS配信サービスを導入するときに直接業者に支払う初期費用は無料のことが多いのは確かですが、システムを導入するには他に費用がかかることもあるので注意しましょう。こまごまとしたものがほとんどなので大したことはないと考えられてしまいがちです。しかし、SMS配信を運用するためには基盤作りが必要で、全部を合わせてみると意外に大きな金額になることもあります。どの程度の基盤があらかじめ整っているかによって違いがあるので具体的に確認しておきましょう。

まず、SMS配信をするためには担当者の教育または雇用が必要です。SMSの配信内容は自社で決めることになり、どういうタイミングでどんな内容のSMSを送るのかを決定する役割を果たす人を定めなければなりません。マーケティング担当者や営業担当者が行う場合にはやり方をきちんと教育することが必要になります。

専用の端末を用意して共有し、必要時に誰もが使えるようにするのもよい方法でしょう。それをクラウドに上げておくことも可能ですが、ストレージの確保のために導入コストやランニングコストがかかるので注意が必要です。また、配信したSMSの効果測定をする準備もすることが大切です。ツールを購入したり、担当者を定めたりするなどの準備や資材の確保にもコストがかかるので気を付けましょう。このような基盤を構築しておくことによってSMS配信サービスを導入する意義が大きくなり、売り上げや顧客数を増やすのにつながります。

 

SMS配信サービスの導入のときにはSMS配信を運用するための準備のためにコストがかかります。しかし、SMS配信サービスの提供業者に対して支払う初期費用はほとんどの場合に無料になっているのが現状です。有料の業者の場合にもキャンペーンを実施していて無料ということがよくあります。導入時にまったくコストがかからないわけではありませんが、必要な予算はかなり抑えられるようになっているので前向きに導入を検討してみましょう。

SMS送信サービスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名value SMS
(バリューSMS)
空電プッシュアクリートMedia SMS
(メディアSMS)
fonfun SMS
(フォンファンSMS)
おすすめポイントコスパ・サポートの充実・高機能が全て揃っている高い信頼性!柔軟な使い方の実現や便利な機能も満載システム開発に強いから欲しい機能も自由自在送信品質が高くコールセンターでも大活躍!企業ごとに専任の担当者!パソコンが苦手でも安心
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧