様々なサービスに利用可能なSMS送信サービスを比較ランキング形式で紹介します!

SMS送信サービスにデメリットはある?

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/11/27

SMS配信サービスを活用して宣伝しようと考えている方は、メリット・デメリットを両方知っておいたほうが満足できる結果になります。今回は、SMSを利用するデメリットとその解決方法を説明します。きちんと工夫をすることを前提にすれば、デメリットなど関係ないと思えるくらいの宣伝効果を得られるでしょう。

電話番号の収集は難易度が高い

メールを使った宣伝はメールアドレスが必要ですが、メールアドレスの収集は比較的簡単に行えるでしょう。メールアドレスはいくつも発行してもらえるシステムなので、メルマガなどに登録するのも抵抗がない方も多いです。しかし、SMS配信をしたい場合は、端末一個につき一つしか発行してもらえない電話番号が必要になります。

使い捨てができるメールアドレスと違って、電話番号は重要度が高いの、簡単に集められるとはいえないでしょう。もしも、電話番号を集めたいと考えていても、まずはメールアドレスを集めることを考えたほうがよいです。メールアドレスで宣伝をして、何かしらのサービスを利用してもらえたのなら、名前や住所などと一緒に電話番号もゲットできるはずです。

最初から電話番号を求めるのは難易度が高いですが、サービスを利用するのなら入力するのは当たり前なので比較的楽に集められるでしょう。もちろん、まずは宣伝を工夫してサービスを使ってもらう必要があるため、そこは頑張ってクリアしなければいけません。

SMSは送信できる文字数に制限がある

SMSはシステムの都合で、日本語ならば670文字しか送れないようになっているため、長めの宣伝をしたいのなら足りないかもしれません。正確にいうと全角で670文字となっていて、半角では1530文字なので長文も大丈夫だと考える方もいるはずです。

しかし、基本的に半角というのは数字やアルファベットを入力する以外には使わないほうがよいです。半角カタカナというものがありますが、それを使ってしまうと、かなり読みにくい文章になってしまうので絶対にやめましょう。ふざけていると思われてしまい、登録を解除されて、SMSが送れなくなる可能性もあるので半角カタカナを多用するのはまったくおすすめできません。

文字数の制限をどうにかしたいと考えるのなら、長文を送るのをやめるのが一番の解決策です。長い文章だと分かった途端に、読むのをやめるような方もいますので、できる限り短い文章を作成することをおすすめします。全角で670文字というのは、かなりの文章量になるため、それを超えるような宣伝は行わないようにすればよいのです。

長文で伝えたいという気持ちもあるでしょうが、読んでもらえない可能性があるので、宣伝効果を考えるのならやめましょう。文章を短くするための方法は、商品やサービスのアピール方法を説明する書籍があるので、そちらを活用して学ぶことをおすすめします。どうしても、670文字以上の長文の宣伝が必要だと考えるのならば、一通ではなく二通に分けてSMS配信を行うようにしましょう。

ただし、タイミングよく順番に届くようにしなければ、宣伝の意味が分からなくなるケースがあるので気をつけなければいけません。前半部分と後半部分のどちらか一通だけ送っても、意味不明のSMSなので読んだ人をガッカリさせてしまいます。

文字数が多くなると費用が高くなってしまう

メールは一通あたりの文章量を驚くほど多くしたとしても、一通あたりの料金に響くことはありません。しかし、SMSは文字数が多くなればなるほど、一通あたりの料金が上がっていくシステムです。つまり、ここでも長文が問題になるので、できる限り短くコンパクトな伝わりやすい文章を書けるようになりましょう。

なお、文章量によって変化する一通あたりの料金は、大手のキャリアのサイトを訪れればすぐに分かります。価格を確認すれば、最低で3円で、最高では30円もかかるようになるのが把握できます。つまり、1000通送るとすると、3円の場合は3000円で済みますが、30円の場合は30000円となり、27000円もの差が出ることになります。

この差は配信するSMSの数が多くなれば多くなるほど拡がっていくので、節約したいのなら文章量を節約するようにしましょう。

 

SMS配信サービスを利用するのなら、電話番号を集める手間と文字数制限と料金の問題があるのを知っておいたほうがよいです。ただし、どれもが工夫をすることで乗り換えられるので、「デメリットがあるので使わない」という選択肢を選ぶのはとてももったいないことだといえるでしょう。

ちなみに、SMS配信サービスの業者に聞けば、もっと詳しい話を教えてくれるので、デメリットについて尋ねてみましょう。しっかりと、デメリットを教えてくれたうえで契約をすすめてくれるのなら、良心的なSMS配信サービスの業者なので、満足できる宣伝をしてくれる確率が高いといえます。業者の選び方を間違うとデメリットがより大きく感じてしまうので、できる限りデメリットを少なくしてくれるところを探して頼みましょう。

SMS送信サービスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名value SMS
(バリューSMS)
空電プッシュアクリートMedia SMS
(メディアSMS)
fonfun SMS
(フォンファンSMS)
おすすめポイントコスパ・サポートの充実・高機能が全て揃っている高い信頼性!柔軟な使い方の実現や便利な機能も満載システム開発に強いから欲しい機能も自由自在送信品質が高くコールセンターでも大活躍!企業ごとに専任の担当者!パソコンが苦手でも安心
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧