様々なサービスに利用可能なSMS送信サービスを比較ランキング形式で紹介します!

SMS送信だとコストも安く抑えられる?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/11/27

SMSによってユーザーにアプローチするマーケティング手法はだんだんと広まってきましたが、SMS配信はコスト削減につながるのか気になっている人も多いでしょう。導入してあまりにも費用がかかってしまったのでは元が取れずに困ってしまうリスクもあります。今回は、SMS配信はコスト削減につなげられるかをお話しします。

送信コストだけを見るとメリットは大きくない

SMS配信サービスを利用すると、実はSMSを送信するときにかかる費用の単価は上がってしまいます。日本国内のキャリアであればSMS送信の相場は3円程度になっているので、ユーザー1人にSMSを送れば3円、100人に送れば300円がかかることになります。一方でSMS配信サービスを利用する場合には業者によって1通当たりの費用が異なっています。

相場観としては7円~10円くらいですが、単純に1通あたりいくらと決めていない場合もあります。たとえば、一斉送信の場合には1通~100通では単価が10円、101通~1000通では単価が9円といった形で、送信するSMSの数に応じて単価が変動する仕組みになっていることもあるのです。

ただ、多くの業者では従量料金制を取っているため、SMS送信の費用は直接送るときの3円に比べると高くなっています。その分が業者にとっての利益になる部分で、配信にかかる人件費やユーティリティー費、販管費などもカバーする必要があります。その影響で単価が6円を下回るようなことはあまりなく、1通のSMSを送信するのにかかる費用は直接送信する場合の2倍~3倍くらいはかかってしまうことになるのが一般的です。

送信作業をする業務負担を考えるとコスト削減になる

単価が上がってしまうとかなり費用がかかってしまうからあまりSMS配信を使う意味はないのではないかと思うかもしれません。しかし、実際には導入してコスト削減に成功している事例もたくさんあります。SMSを送信するのには大きな作業負担がかかるからです。たとえば、10人のユーザーに対して同じ内容のSMSを送信することを考えてみましょう。

スタッフがスマートフォンを使って送信しようとすると、ユーザーを指定して送信する作業を10回繰り返さなければなりません。パソコンを使って制御できるアプリケーションを使えば負担は軽減できますが、手間がかかることに変わりはないでしょう。この場合には10人を想定しましたが、これが1,000人や10,000人だったとしたら多大な業務負担がかかることは否めません。

しかし、SMS配信サービスを利用すると、このような業務負担が大幅に軽減できます。送信したい内容を入力して登録してある送信先のユーザーを指定し、送信依頼を出すだけでよいからです。何人のユーザーに送るケースでも作業量は基本的に変わりません。

ユーザーをグループ化して登録しておいたり、年齢や性別などの属性に応じてピックアップしたりすることもできるので、ユーザーを選択する段階の負担も軽くなるでしょう。結果として人件費の削減につながるので、トータルで見るとかなり大きなコスト削減になることが多いのです。

コストパフォーマンスは評価が必要

本当にコスト削減をしつつマーケティング効果を上げられるのかどうかは評価をしてみることが必要です。コストパフォーマンスの評価方法を決めてからSMS配信サービスの利用を開始するのもよい方法でしょう。SMS配信サービスでは効果測定のためのツールも提供していることがよくあります。どのくらいの開封率があったかを調べることができると効果はわかりやすいでしょう。

コストについては実際にかかった費用に加えて、業務負担がどのくらいかかっていたかを調査してみると確認できます。手作業で送信する作業も一度は試してみてどのくらいの違いがあるかを比較してみると、コストパフォーマンスが高いかどうかを見極めることができます。業者によって費用体系も異なり、利用できるサービスの内容にも違いがあります。その選び方次第で違いが生じるのは明らかなので、できるだけ費用対効果の高い業者を選定することも重要です。

 

SMS配信サービスを利用するとコスト削減になるかどうかは判断が容易ではありません。SMSの送信にかかる費用の単価は直接手作業で送信するのに比べて、サービスを利用したほうが2倍~3倍くらいになってしまうからです。しかし、送信にかかる業務負担が大幅に軽減されることから人件費を減らせるのは確かです。

実際には導入によってSMSによるマーケティング費用は下がっていることが多くなってします。しかし、現場によってどのくらいのコストパフォーマンスが出るかは異なるので、必ず評価をしてみるようにしましょう。業者の選び方によっても費用対効果が変わるので、利用できるサービスや料金体系について充分に調査して比較してからSMS配信サービスに申し込むようにするのが大切です。

SMS送信サービスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名value SMS
(バリューSMS)
空電プッシュアクリートMedia SMS
(メディアSMS)
fonfun SMS
(フォンファンSMS)
おすすめポイントコスパ・サポートの充実・高機能が全て揃っている高い信頼性!柔軟な使い方の実現や便利な機能も満載システム開発に強いから欲しい機能も自由自在送信品質が高くコールセンターでも大活躍!企業ごとに専任の担当者!パソコンが苦手でも安心
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧